スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

メーサーエレファントキャンプへ!個人で!

誰かのための記事です。
誰かの旅の参考になれば、、

チェンマイから、メーサーエレファントキャンプへの個人での行き方です。


普通はHISやそれぞれのGHの催行するツアーで
行くことが多いようですが、
ツアーだと興味のないところも組み込まれてたり
時間がなかったり、ピンポイントでいきたいときなどは困ります。
今回、個人でも行けたので記しておきます。
ちなみにわたしは、友人と女2人で行きました。

◎エレファントキャンプまでの交通手段。
私たちはソンテオを1台チャーターしました。
料金は往復で400B(1人200B)。

今回はたまたま流しのソンテオを捕まえられましたが、
もし難しければ、旧市街の北門付近にいけば
常に何台かソンテオが止まっているのでそこで交渉してみたらいいと思います。
事前に調べた情報では、300~500B(1台)が相場のようです。

チェンマイ市街から1時間ほどの距離なので、
もし免許があれば、レンタバイクでもいいかもしれません。
GHに聞いてみれば1日200Bくらいで借りれたと思います。


◎入場料など
ガイドブックなどのとおりでした。

入場料が1人120B
象乗りが1人、30分400B、1時間800B

入り口ゲートの横のカウンターで購入します。

園内のトイレはかなりきれいでした。


◎象乗りとショー
ショーは毎日08:00~、09:40~、13:30~あるようです。

私たちは08:40ころに到着したので
ショーの前に象乗りをしました。
ショーが終わってからは、象乗りの方がかなり混んでいたみたいなので
先に象乗りしといてよかったなーって感じでした。

あと、ショーの前には象さん達の水浴びも見られます。
川の方におりてみるとたくさんの象さん!
一緒に写真をとったり、帽子をかぶせてくれる芸を見れたりします。


◎そのほかに
ソンテオ運転手へは、チェンマイに戻ってから最後に料金を支払いました。
先に支払うと
送りだけして途中で帰られたり
最後にまだもらってないといいだしたり
帰りの分は別料金だといいだしたりして喧嘩になったりすることもあるので。。
乗る前に、1人の料金なのか1台の料金なのかもしっかり確認しておいた方がいいと思います。

水浴び前やショーのあとなど、
象さんに芸を見せてもらったり写真を撮らせてもらったときは
チップをあげるみたいです。
なので20B札など、少額の紙幣を持っておくと便利です。

ソンテオは、GHに言えば指定の時間に呼んでもらうことも出来るとおもいます。
朝早いときなどは、来てもらったら便利です。
また、他の日に乗せてくれたソンテオにお願いしたりするのも手だとおもいます。


象さんのショーは素晴らしかったです!!
スポンサーサイト
18:16 | たび | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

オンナ、フタリ、タビ。

土間打ちも終わりすっきりしたところで
なんとワタクシ、タイランドへ旅行に行ってきました。
まだまだやることてんこ盛りなのにーひひひー

とっても長くなりますが、
備忘録の気持ちも込めてちょっと記しておきます。


旅の行く先は、、、
アユタヤの組み込まれたツアーだけじゃなく、
バンコク行きツアーが相次いで中止になるなか
洪水で大騒ぎのタイ!!笑
初タイの大学時代からの女友達と二人。


東京に住む彼女との待ち合わせは、関空の出発ロビー。
なんともドキドキなスタート!

行く前から洪水情報はチェクしていたのだけど、
出発が近づくにつれて、状況悪化!笑
最悪バンコク中心部が浸水して、ホテルに缶詰が一番いやなので、
出発前に空港のネット屋さんにて、
タイ北部の町チェンマイ行きのエアチケットを購入。

実は今回は、相棒が初タイということと
ホテルも着いてて安いってことでHISさんのフリープランツアーでいきました。

夕方のフライトで、夜9時過ぎにバンコクに到着。
夜ついても安心。さすがツアー!
なんとホテルまで送迎付き!!楽ですね。

到着してみると、洪水は全然大丈夫そうな雰囲気。
ホテル近くの屋台で軽く晩御飯を食べて1日目終了。

2日目は朝からサイアム、ヤワラーにてお買い物!!
知り合いに頼まれたものを探したり、
展示やアクセサリー作りに使う材料を買い込んだり。

そして3日目、ゴタゴタもありつつ無事チェンマイへ。
ナイトマーケットに近いエリアの宿にチェックイン。
エアコン、テレビ、水付き、ホットシャワーの2ベッドで1泊400B。\1,000くらい。

チェンマイでの4日間も、ワクワクがぎっしりでした。
ナイトマーケットはもちろん、
スコータイへの1日ツアー、
チェンマイといえばのドイステープ寺院、
ローカル感満載のサンデーマーケット、
足裏マッサージも、屋台でご飯も、
大好きな象さんと触れ合えたエレファントキャンプも
スパでお肌スベスベも!
ぎゅぎゅっと詰まったチェンマイでした。

最終日の夕方、バンコクに戻るため空港に向かう
ソンテオからまん丸で真っ赤なきれいな夕陽を見たのが印象的でした。

ざーーーーっと書いてしまったけど
ワクワクもドキドキもヒヤヒヤも
楽しいも美味しいも眠いもしんどいも気持ちいいも
かわいいも嬉しいも悔しいもきれいもきたないも
たっぷりのいい旅になりました!

ひめちゃんありがとう!!
来年またいこー!
15:51 | たび | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

バリ 6

ロビナで温泉を満喫して、
たびの最後、またウブドへ戻ります。

もちろんまた例のバスで。
帰りはなぜか2時間半かからず!


せっかくなので、最終日は良いホテルに泊まりました。
ハネムーンですからね^^

これがすごかったです。
荷物はポーターさんが運んでくれ、
部屋にはエアコン、テレビは当たり前、
ウェルカムドリンクとさらにフルーツまで!
天蓋付きベッド!!お姫様気分です。
S_IMG_7228.jpg
たまにはこんなのもいいな~


ウブドではまたぷらぷらと、お買い物。。
途中、休憩に入ったカフェで、隣の椅子には、、
S_IMG_7236.jpg

道ばたにはガチョウがくつろいでます。
S_IMG_7305.jpg

のどかです。


夜は王宮でラーマーヤナをみました~
S_IMG_7264.jpg
聖獣バロン、カワイイ。
ガムランの音にうっとりの夜でした。


最後に空港でもマッサージしてもらって、
旅の疲れを癒して帰国しました。
ドメスティックの方にいくと、食堂やお土産屋の
結構いいとこがありました。


バリ、
また行きたいな~~
09:32 | たび | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

バリ 5

ロビナはイルカウォチングが有名な所。

朝6時くらいに船で海に出て
イルカを見るらしいのですが・・・


私たちは別の目的があったのです!
それは

温泉!
バンジャール・テガ温泉!!

ただ、ガイドブックのオススメ度は
星☆ひとつ。
そんなちょっと微妙なところに
敢えて行くのが私たち。
地図も、大雑把なものしかなかったけど
行けばなんとかなるよーってことで。

早速レンタバイクのガソリンを満タンにして出発!

ロビナのメインストリートをひたすら西へ
右手に海を見ながら
並木のような木々のトンネルを走ります。

注意深く標識をみつつ。。。

あったー!
S_IMG_7090.jpg
上から二つ目「バンジャール」

角に交番のある交差点を曲がり
また標識を見たり、
間違えておじさんに道を聞いたりしながら
しかも、途中からすっごい田舎道で
「ほんとにこっちで大丈夫なん?」と
心配になりつつ、
なんとか到着!

S_IMG_7093.jpg
温泉というより、温水プールみたいでした。

ひっそりした山の中なのに
思った以上の賑わいでびっくり。

地元の人のレジャースポットみたいです。
旅行者は欧米の人ばかり。
日本人旅行者は居ませんでした。笑
そいえば、ロビナの街中でも日本人ほぼみなかったな。

ひととおり遊んで、
併設のスパでマッサージしてもらって、
レストランでご飯食べて、
空気を満喫できました。

いや~、楽しかった!
こういう、マイナー所が
意外と面白かったりするんです。


帰りに屋台で食べた「バッソ」(汁ソバみたいなの)が
驚くほどおいしかったです。
S_IMG_7139.jpg
100%地元民向けみたいで、
店のオヤジさんは英語が全くダメみたいで
これまたビックリするくらい安かったです。


もちろん今夜もビンタン!うます。
S_IMG_7154.jpg



つづく
14:33 | たび | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

バリ 4

バリ島の北側、ロビナを目指します。

ウブドからバスで向かいます。
今度はちゃんと「プラマ社」のバスです。笑(5/30参照)

島の南側のウブドから北側のロビナまで
山を越えていきます。

バスといっても、
椅子は壊れかかってて ぜんぜん柔らかくないし
ビニール張りだから汗でぺとぺと、
もちろんエアコンなんてなくて
それはもうボロッチイバス。

それで山道のぼっていくんだから
面白くないわけはありません。

案の定 道はがたがたで、
大きな穴なんかある所を通るときには
かぶってた帽子かふわっと浮きました。笑

S_IMG_6903.jpg

S_IMG_6926.jpg

S_IMG_6953.jpg
色んな家や 表でぼーっとしている人
お寺 お墓 工房 遊んでる子ども
それから きれいな棚田 広い空
日本とは違う景色

ずっと眺めてても飽きずに見てられます。


2時間くらい山をのぼった所で一度休憩。
町に入ると、トウモロコシの像が!
有名なのか、色んな所で売っていたので食してみました。

じゃーん!
S_IMG_6985.jpg
濃い黄色。
甘みは全然ありませんでした。
最初はビックリしましたが、けっこうおいしかったー^^

ちゃんとトイレ済ませて、いざ後半戦!

下りだからはやいかなと思いきや
やっぱりぐねぐね道なのでそんなこともなく。。

海がみえてきたらロビナに到着!
ウブドをでて3時間半、無事つきました。


実はロビナのこと、
イルカウォッチングができて、しずかなビーチの町
くらいの情報しかなくて
ウブドを出発する直前にネット屋さんで少し調べた程度。

宿、どうするかな~。と思ってたら
プラマ社のオフィスの奥にコテージがいくつかある!
しかも激安!!
部屋を見せてもらい、即決でした。
なんと、A/C・ホットシャワー・朝付き・2泊で
Rp.100,000(約¥1,000)
一泊で考えると¥500!
2人で泊まるからひとり¥250!!
いや~ラッキーです。


レンタバイクして町の中心へ。
海の見えるレストランで
ガドガド(サラダ)、揚げ春巻きとともに

ビンタンビア!

S_IMG_7020.jpg
やっぱりこれ。まちがいないです。
うまいです。


海を眺めながら、ぼーっとビールを飲む。
最高に贅沢です。

浜に出て貝殻を拾ったり
夕日が沈むのをこれまたぼーっと眺めたり。
S_IMG_7038.jpg



宿に帰る途中、スーパーにて
S_IMG_7081.jpg
気づいたらみーんなビーサンでした。笑
もちろん私も。


つづく

10:58 | たび | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。